2012年11月06日

Mon, Nov 05

  • 11:24  @tricken それはまぁつまり,私たちが『サンセット大通り』『パパは何でも知っている』『奥様は魔女』に思うた事の周回遅れかもしれませんな
  • 11:51  確かに郊外ショッピングセンタの「窓の無さ」は異様ではあるよな.拙宅の近所にも幾つかあるが,周りはみな,今時珍しいぐらいの手入れのいい美しい里山である.でも全く外見えないのだ.足を踏み入れればすっかり脱場所化されてしまうのだった.
  • 12:02  @liliput まぁもちろん消防法も建築基準法も満足してるのですが,それは法的/安全確保の観点で満足されておればいいだけで,外部の景観が美しかろうが醜悪だろうが徹底無視.ってところがオモシロイ.そういう借景の配慮ってのは,定量的な窓面積だけでは推し量れぬもので.  [in reply to liliput]
  • 12:08  @sakasa_don '80sぐらいまでは,木曽や信州の山ん中みたいに,茅がなくて木だけはたくさんあるような土地柄では,よく柿葺の小屋や民家が残ってたりしましたなー.竹か石で押さえてる簡易なやつでしたけども.  [in reply to sakasa_don]
  • 12:14  板葺で思い出したけど,今 和次郎の民家スケッチで,秩父の山間部にあった作業小屋ってのが,緩勾配の敷地に高床で片流れのやつがあって,「あれ? 吉村 順三の軽井沢はこれからのインスパイアか?」と思うた事があったが,思い過ごしかも知れない.
  • 12:18  (そう思うたのは,学生の頃に信州の田舎をほっつき歩いて無名の民家など見て回ってた頃だからなぁ.若き日の早とちりなのかどうか,その後,確かめては居らぬのである)
  • 12:25  いちばん笑えるのは,拙宅の近所のホームセンタで,裏手には蛍の舞う美しい渓谷があるのですが,そっちはバックヤードになっておって,ガラクタやコンテナが積み上げてありますねw ここまで無視されると不思議な感じさえ @liliput  [in reply to liliput]
  • 12:28  ……いや,蛍の舞う美しい渓谷と,荒物売ってる全国共通ホームセンタ売場が,ペラいALCで隔てられて気配さえ知れない,ってのは,なんか妙な上京ではあるまいか.
  • 12:30  @liliput まぁそういう渓谷があるってことさえ全く知られてないと思うので「見えない景観に景観破壊はない」てな,てな.  [in reply to liliput]
  • 12:34  いや,私は「知られてない場所の美質を引き出すのも建築の重要なつとめ」と思うては居りますが,それとは全く正反対のポリシーでも成り立ってしまうところがまぁ,アレなので面白いわけです. @liliput  [in reply to liliput]
  • 12:39  @GEN_Destino まぁ,景観てのは,人為によって(建築の設計なども人為の典型)美の意味を付与されることで景観となるもので,どっちにしろ人為という点では程度問題なのですけれどね  [in reply to GEN_Destino]
  • 12:41  @liliput 当然,自覚的にです.演出にしろ創造にしろ改変にしろ.テキストは読まれる事でテキストになる,てなもんですな,  [in reply to liliput]
  • 13:00  熱は下がったが,まだ平熱とまではいかんなぁ.……って私の平熱ってどのくらいだっけかな.男って病気の時しか計らんからな.それに口中と脇とでどのくらい差があるものかもわからぬ.
  • 13:02  ……私はいつも口中で計ってるのだが,これたぶん高い方に出るよな‥‥‥ いま試してみると…… 0.7℃差があるな.
  • 13:07  しかし生物の恒常性ってすごいもんだよなぁ.±1℃レベルの温度管理だぞ.このレベルでの管理を機械がやるとしたら,けっこう仰々しいものに.
  • 13:18  @tripshots たしかつい先頃,20in/220ppi,32in/140ppiぐらいの試作が出て来てると思うので,やはりあと数年は掛るんでしょうかのぅ.  [in reply to tripshots]
  • 13:26  @heniha あのへんって真夏の麓をバイクで走った事しかないが,晴れてるときはどってことない気温なのに,いっぺん降り出すと異様に気温下がるのよな.温度計見て目を疑った事がある.  [in reply to heniha]
  • 13:32  @heniha そうだなぁ.まぁ,そういう奇麗なところは,あまり一般人が誰でも行ってよいところではないのかも知れん  [in reply to heniha]
  • 13:37  @heniha そういえばエベレストはゴミだらけという話だな.命懸けでゴミ拾い登山をやってる登山家が居るとか.写真には撮らぬだろうから,実はけっこう嫌な景色なのかもな  [in reply to heniha]
  • 13:45  @heniha まぁ捨てる方も命懸けで登って,已むを得ず装備を残置するんだろうから,ゴミ掃除も命懸けにならざるを得ぬ,ということなんだろうけどな.やれやれだ.  [in reply to heniha]
  • 13:51  @tricken 前後文脈わかりませんが,テイラードスーツの襟が立ってしまうのは,主に仕立てがあってないことに起因でしょうかな.首周りの筋肉のつき方によってダーツ入れたり加減したりするものなので  [in reply to tricken]
  • 13:59  @liliput さよう,太宰は『津軽』で「風景といふものは/人間の眼で舐められて軟化し、人間に飼はれて」風景となる,と書いとりますが,それをテキストでなくモノでやるのも建築の一面.  [in reply to liliput]
  • 14:03  また,柄谷行人『日本近代文学の起源』「風景の発見」に書かれるように,「主観(主体)・客観(客体)という認識論的な場は、(ヒトが見いだした)「風景」において成立」という消息もござる.これまた建築の役割のひとつ. @liliput  [in reply to liliput]
  • 14:12  なるほどこれか[高級ハイブリッド16台が浸水で爆発 米国|産経 http://t.co/2cpleXg5 “ハリケーン「サンディ」が猛威を振るった/ニューアーク港で/Karma」が水に浸かった/後炎上して、爆発した」”]まぁフィスカー・カルマって少量生産の特装車両みたいなもんだし
  • 14:17  プリウスやリーフは,当然ながら浸水テストはやってる筈なので,爆圧炎上みたいなケースはあまり考えにくいよな.フィスカーみたいなベンチャーはわからんけど.
  • 14:19  ……つか「EVやPHVならベンチャーでも参入障壁低い」みたいな軽はずみな言説って,こういうレアケースさえ想定した厳しい製品テストの実施障壁やコストを,どう見積もってるのかね
  • 19:20  @afunai それは(ソース|エンコーダの性能|デコーダの性能|機器の相性)のどのあたりが悪いので?  [in reply to afunai]
  • 19:24  RT @wideangle: でも大幅にラインナップが減ってパナソニックにつけかえられちゃっててものすごくもにょる。mobile boosterとかさ…。 / “パナソニックが「エネループ」ブランドを存続させた理由 - デジタル - 日経トレンディネット” http:// ...
  • 19:28  (前後文脈を見ずに書きますが)?外を思い出しますな.?外はドイツで学んだから,「批判が議論を前進させる」という弁証法が大前提.ところがこれが本邦に帰ってくると「相手構わずケリ入れる凶暴な喧嘩師」あつかい.というw @hkohno_abbr  [in reply to hkohno_abbr]
  • 19:33  ……まぁこれは近代日本語の語彙に「批判語」を作り忘れた?外ら本人にも落度があった.邦語は批判の文脈で使われ得る語彙と,非難誹謗中傷で使われる語彙が殆ど同じなので,弁証法の為様に関しては,より慎重な「語彙開発」が必要だったと思われる.
  • 19:43  まぁ古代にも空海が『三教指帰』で試みたように,弁証法的批判の例が皆無ではないのだが,どうも当時も定着できず形骸化したところをみると,よほど慎重を要すのだろう.あいにくそういう問題意識は共有も継承もされずじまいで今に至っている
  • 19:53  本邦は文化の上では周縁地域だから,総じて「正典」は外から来るもので,これに対してとり得る姿勢は,全面的受容か拒否かのどちらかに振れやすい.「批判が議論を前進させる」という前提は受け入れにくかっただろう.ただしこれは過去形で,今はそうも言うては居られぬ.前進させなきゃ不可ないのだ
  • 19:56  (「全面的受容か拒否かのどちらかに振れやすい」ってことはつまり,そのまま時が経てば,意見を異にする双方が派閥に分かれて没交渉となり,共通語彙さえ失われる,ということをも意味するね)
  • 20:56  [五味 康祐『柳生武芸帳』 http://t.co/Ftyn3TdG ]読了.風邪ってのは有り難いもんで,800頁の大部も一気読み.(老後の楽しみが減ったとも言う (いや老後に再読するときには,きっと全く忘れていて「作者死去による未完って何だよ!」と怒って自分も程なく死ぬ,かな?
  • 21:00  @southsmall 「どん兵衛」は愛知県西県境(つまり関ヶ原付近)が東西境界らしいですがのぅ.分水嶺というより分水盆地か.  [in reply to southsmall]
  • 21:02  東西どん兵衛を食い較べた者には,知合いには @Tamagawa_HQ が居るが,本人曰く「あぁそうなんですか」であった.訊く相手が相応しくなかった.
  • 21:13  @akira_isida これがコートダジュールのあっちとこっちなら,フランス人が「なんやこの薬味ぃ! ポロやないけ! チャイブ入れんかいチャイブ!」と関西弁で怒ったり.(しないよ  [in reply to akira_isida]
  • 21:18  これがピレネー山脈のあっちとこっちなら,スペイン人が「なんでぇこのヘナヘナの青くせぇ薬味は! 薬味はポロと決まってらぁ! とっとと刻んで持って来やがれ!」と巻き舌で.
  • 21:19  @southsmall 実際に静岡市内の店で食う蕎麦はというと,微妙に混ざってる気はしますけどねぇw  [in reply to southsmall]
  • 21:34  ちなみに,ぶっかけ蕎麦にルッコラ刻んで薬味にするのは私はよくやる.ぶっかけおろしがアリなのだから,ルッコラも当然アリである
  • 22:01  @YINGUO そりゃぁあなた,魯山人w  [in reply to YINGUO]
  • 22:07  @takayamiou 『百日紅』の英泉は,メジャーデビュー前の居候っぽい若者でしたっけか  [in reply to takayamiou]
  • 22:14  @takayamiou 英水の才能空回りっぷりもそうですが.お栄応為も,のちの天才って感じでは全然ないあたり,変にリアルな感じがしますよねぇ.  [in reply to takayamiou]
  • 22:16  [インタビュー サインデザインは「本当はないほうがいい」 - 廣村正彰|マイナビ http://t.co/r9S13f64 ]私はさほど大きい物件をやった事がないので,メインロゴやサインは自分で描き(そう,描くのだw),あとはアリモノで済ますのが常だったが……
  • 22:19  ……できれば,ちゃんとしたサインデザイナーに委嘱してみたかったねぇ.(でも「少なくともメインロゴは自分で描く」という建築家もあまり居ないかw) まぁそういう大きな仕事の場合,隅々まで目配りが行かぬのは当然だから,そのあたり痛し痒しなのかも知れないけども.
  • 22:22  「少なくともメインロゴは自分で描く」は,萩尾望都のポリシーに倣ったのであるw 「建築家じゃないじゃん」とか言うな.
  • 22:26  @southsmall 飛び地おもしろい.北前船の海運起因ですかな.  [in reply to southsmall]
  • 22:31  @Ryo_Archi 手塚の場合はまぁ,時代的に当然な気もしますが,既にメインロゴは専業デザイナーに任すのが確立しつつあった頃の萩尾全盛期もそうだったてのは,「なるほど.事の重要性からすれば,それは尤もだな」と納得するものがあったのでした.  [in reply to Ryo_Archi]
  • 22:38  @takayamiou それはまだいい.私なぞ,「遠くの書庫に委託したきり12年行ってないアソコにある」,とまでわかる.紙の本など滅びてしまえばいいw  [in reply to takayamiou]
  • 22:40  @wamulamo おぉぉx?!?  [in reply to wamulamo]
  • 22:45  @wamulamo それは出来てから言えw おっと失敬,「新境地の作品を楽しみにしとります」  [in reply to wamulamo]
  • 22:49  私は若い頃,蔵書保管ポリシーの件に関しては熟考に熟慮を重ねた結果,「全て読んだら捨てる」「全て残す」の何れかでないと駄目.という結論に達したのですが,自炊電書が可能になった今になって,その予算がないというのは想定外でした. @takayamiou  [in reply to takayamiou]
  • 23:02  飛び地方言で思い出したけど,私はご存知の通り南関東方言だから,複数形を「〜っち」と言いますが,これを石垣島出身の同級生は「田舎臭ぇなぁ.訛ってるぜ」とカオしかめて言いました.つまり飛び地方言らしい @jagst770  [in reply to jagst770]
  • 23:05  おや,石垣島のそいつが,そう言うたのを聞いた瞬間,私は「おぉ黒潮文化圏! 海上の道! おらっちゃ仲間!」と手をとりたい気になりましたな.
  • 23:17  ……昭和帝の御不例の折,似たような奇妙な自粛の空気があったなぁ.あれは誰が演出したというものではなかったとは思うけれど. ただ,天皇崩御というのは,新帝即位と次代の言祝ぎがセットなもので,そこんところ,マスコミはうまく扱えてなかった感はある.
  • 23:31  つまり有り体に申せば,「哀しみと悼みはそれとして,未来への希望と生き残れた事への喜びは同時にあるものである.そのどちらかしか感じ得ぬと言うのは感受性の未熟,小児病である」ということになろうか.
  • 23:55  @ageha1980 31種のアイス全部食い.  [in reply to ageha1980]
Powered by twtr2src.
posted by awajiya at 00:18 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。