2012年11月04日

Sat, Nov 03

  • 00:09  読んだ.[民族誌の時制:「民族誌的現在時制」をめぐって http://t.co/6orqzqKl ] 時制問題って,中国語で記述されるようなときは,どうなんだろうね.
  • 00:12  いや,言語体系に時制が無くたって時間を表現することは出来るのは当り前だけど,ただ「ない」ってことが平生の思考に与える影響ね
  • 00:19  芙蓉蟹でも刀削麺でも炒醤?でも青椒肉絲でも北京?鴨でも一発だ.(全部食い物だな
  • 11:03  @kusamao なかなか広いですな.(と言えるのはこの程度の荷物の量まで  [in reply to kusamao]
  • 11:09  @RASENJIN なんかそのぅ「耐震基準,めちゃめちゃ甘いんだろうなぁ」と思うようなそのw  [in reply to RASENJIN]
  • 11:11  ここのところ,私のタイムラインでは引越が盛んなのだが,そういう季節だっけ.秋って異動の季節だっけ.
  • 11:19  @sawanabe あー,そう言われればそう言う気もして来た.(勤め仕事から離れて長いので,実感が薄れるばかり  [in reply to sawanabe]
  • 11:20  @RASENJIN そうですなぁ.いま本邦で合法的に造れるような,相応の規模のブロック積の建物というと,鉄筋と強度の高いコンクリートがガッチガチに入りますな.ブロックなのはガワだけで,実質は中身鉄筋コンクリート.という感じで.  [in reply to RASENJIN]
  • 11:44  @YOW_ 皇室御料林,でぐぐると解説があると思いますが,19世紀末に旧幕府天領と入会地などをみな皇室財産に編入しましたからな.「予算配分は」というより,国家予算からの分離なのです.今の皇室財産は国に属しますが,そうではなかった  [in reply to YOW_]
  • 11:55  @YOW_ まぁ妙っちゃ妙なんですが,「天皇は日本一の大金持ちの新興資本家」ってのが経済面での実質ですよな,旧体制下では.  [in reply to YOW_]
  • 12:09  @senoyuiko それ全部ですやんねw (おやくそくのつっこみ  [in reply to senoyuiko]
  • 12:15  @senoyuiko スラロームはある気がしますが,一本橋は普通あまりないですよなぁ.あったら面白…… (くない  [in reply to senoyuiko]
  • 12:18  はて.公道に一本橋ってのは……林道にはあるか.しかしそれを言い出したら渡河もあるな.教習所で渡河が課程にあったら変だろうなぁ
  • 12:25  @senoyuiko パイロンが立ってたりはしないでしょうが,カーブの途中で横断者や落下物があれば,ほら軌跡はスラロームに.  [in reply to senoyuiko]
  • 12:29  @jagst770 ナルホド.昔のオープンクレードルフレームを踏まえてるのですな.  [in reply to jagst770]
  • 12:35  @fumiyas つまりCIうまくいってない,とw  [in reply to fumiyas]
  • 12:41  @fumiyas バブルのときに真面目にこれをやってたら http://t.co/R8WH3vJc 互いに歩み寄りの余地があるかないかハッキリしたのではないか.  [in reply to fumiyas]
  • 12:45  @fumiyas なぁに,JAGUAR XJ-S ロードスターのことを思えば,大したことはな(くない  [in reply to fumiyas]
  • 12:53  たぶん,アルファが「新プラットフォームではV6搭載はウチがやるから禁止な」 マツダ「えー,それじゃうちは消去法でロータリーしか残らないじゃん(貧乏くじフラグ)」と邪推する.
  • 12:59  そう云やぁ昨日,近所のスーパーの駐車場で,やけにデカいマツダ ロードスターが停まっていて「現行車はこんなにデカくなったのか」と思ったらJAGUAR XK コンバーチブルだった.
  • 13:01  ……いや,ほら http://t.co/Xhzysl4Q だいたいあってるだろう
  • 14:03  昨夜来の風邪が好転せぬので,少し横になるか.って平生の昼寝と変わらんけども. 違うのは,ここに取り居出したるは,五味 康祐『柳生武芸長』800頁の大部.
  • 18:40  @akira_isida CNRが出た時「これが正しいなら,この先自動車のスタイリングってどうなっちゃうんだろう」と心配しましたが,あれを見て「あー,CNRの理論準拠でもマトモに造れるもんだなぁ」とホッとしたり,しましたよね  [in reply to akira_isida]
  • 18:48  @sawanabe チュラタムかどこか,元々こっち向いてたミサイルサイロから弾道軌道で打ち上げてもらう.  [in reply to sawanabe]
  • 19:17  crowserpent さんの「『科学哲学は物理学をどうしたいのか?』に対しての返答」をお気に入りに。まぁ今んところ,「どうかできる」わけではなさそうね. http://t.co/5sXqoIos
  • 19:26  @kanabow_tw そりゃぁやっぱ,登場時期が自信喪失の時代だから……w  [in reply to kanabow_tw]
  • 22:00  @kanabow_tw '70s初頭,頽勢(というほどではないけど,少なくともぜんぜん楽勝の雰囲気じゃない)の時には,やっぱ士気を鼓舞する上で強い名前をつけたくなるんだろうなぁ,と当時にも思うとりました.本邦が頽勢にあったときの「桜花」や「回天」もそうなんでしょうな.  [in reply to kanabow_tw]
  • 22:03  @hinemosu_notari むかし,九州地方の藩では,藩士のフグ食法度ってのがあった由.理由は同じでしょうが,御勤め仕事はつらいですな  [in reply to hinemosu_notari]
  • 22:19  @hinemosu_notari (法度破り+士厨房に入らずの不名誉の二重悪を敢て)自ら包丁をふるってフグを食おうとする侍が主人公の時代小説を読んだこともありますな.  [in reply to hinemosu_notari]
  • 22:23  たしか,フグ食法度は明治初期まで存続し,これを解いたのは伊藤博文の頃だった筈である.伊藤だってフグのとれる長州の出身だから,抵抗感がなかったわけはないと思うが,もしかしたら血気高い若い頃から御法度破りで食うておったかも知れぬ.
  • 22:28  まぁ何となく,若い頃の伊藤とか山県とか高杉とかが,「おぉ俊輔よく来た.珍味でも馳走致そう」「ぬ! これはフグではないか」「ははは,そこもと怖いか.命惜しいか」「なっ‥‥! 何を怖いことなど. フグなぞ日頃の総菜がゆえ,変り映えせぬと驚いたのよ!(ばくばく)」
  • 22:48  @akira_isida 普通はあまり居なくてよかったですなぁ.昔はどうなんだろう,薩摩辺りでは食うて死んだ奴も居たのかなぁ  [in reply to akira_isida]
  • 23:00  南洋起源の毒魚というと,ここ伊東には,かつて温泉の自噴する小池があり,そこに陸封された南洋の毒魚が棲んでおった http://t.co/W0c0g72r http://t.co/na78WGPO 私の若い頃までは池はあったが,見に行っても魚影は曖昧だった.
  • 23:06  ちなみに,今は池は埋められて病院と駐車場になっている.老母のかかりつけである.
  • 23:11  ちなみに,この池から流れ出た温水は「唐人川」という小さな流れとなり,建て込んだ家の間を流れて程近い海に注ぐ.この河口付近は,W.アダムスの洋式船建造地に比定されている.「唐人」がアダムスの事を指していたのか,南洋の珍魚の換喩なのかは不明である.
  • 23:22  @akira_isida そう言えば,この「浄の池」「唐人川」のすぐ傍にある幼稚園の建替の折,縄文期のイルカ・クジラ漁/祭祀遺跡が出た事がありました.  [in reply to akira_isida]
  • 23:58  @hms_ulysses なにせホンの一昔前まで都内でもラジウム塗料使う工場がたくさんあったのだから,きっとたくさんあると推測w  [in reply to hms_ulysses]
Powered by twtr2src.
posted by awajiya at 00:04 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。