2011年12月30日

Thu, Dec 29

  • 00:08  @1sugi イロリ.じゃないですかな.どう書くか忘れたけどw 炒り+澱.なのかなぁ  [in reply to 1sugi]
  • 00:09  ぐぐったら出て来た.いろり〈煎汁〉
  • 00:14  思うに,単に鰹を煮崩して煮詰めただけでは,アッと言う間に腐ると思うので,ありゃぁ魚醤の類じゃないかと私は疑っている.
  • 00:27  てなわけで平城京では,スモーク鰹とガルムみたいなものと,あと索餅が作れるのだから小麦粉はある.イーストは野苺から起こそう.オリーヴ油は……うーむ.大安寺か東大寺の坊さんに頼めば橄欖油が手に入るかもしれぬが,ものすげぇ高そうだからエゴマ油で.これでフォカッチャが焼ける……
  • 01:13  [規制外の「重層長屋」都内の住宅街に続々|読売 http://t.co/uvjisruH ]タウンハウスって「続々」と言うほど着工戸数が伸びてるのかねぇ.
  • 01:24  @GRUS_japone そうですなぁ.私らが説明する時は,却って「メゾネットのタウンハウス」と言うた方が通じ易かったりしますなー.年にオサレな言い方で軽薄ですが,「長屋」というと,どうも時代劇か貧民窟みたいなものを連想されるようでw  [in reply to GRUS_japone]
  • 01:33  @GRUS_japone 東南アジアには「ロングハウス」なんてのもあったりしますなぁ.ホントに延々と長かったりする.  [in reply to GRUS_japone]
  • 02:06  @GRUS_japone あのアパート名てのはデベロッパが考えるのですが,なんか うひゃぁ な名前を付けられたら居たたまれぬでしょうのぅ.幸か不幸か,私はまだそう凄いハズカシイ名前を付けられたことはないけれど.  [in reply to GRUS_japone]
  • 02:18  @GRUS_japone 「とし住宅」すごい. もしそれが,かつて建築界で一世を風靡した「都市住宅」誌を踏まえてたら(うがちすぎw ……さよう,施主さんがつけることもありますなぁ.すげぇアヴァンギャルドな建物に「城西荘」みたいな名前だったら,なかなかいい.  [in reply to GRUS_japone]
  • 02:26  @GRUS_japone 「都市住宅」といえば,何は措いてもこのエディトリアル http://t.co/GO0TKni1 を想像して噴かずにはいられないw  [in reply to GRUS_japone]
  • 02:30  杉浦康平デザインのビラで「ゴミは指定日に出しましょう」とか貼ってあったらいいなぁ.
  • 02:50  @YINGUO [桂 紹隆『インド人の論理学 』 http://t.co/Caa5ib1J ]は,古代インドの「論争の勝ち方」があり「愚かな聴衆を前にしては,自分より劣った相手に,専門用語,難しい引用,即答出来ない質問などを叩き込め」などと身も蓋もないことが書いてありましたw  [in reply to YINGUO]
  • 02:52  「優れた相手とは論争するな」とも書いてあったな.そりゃそうだな.素直に教わった方がいい.
  • 03:06  @YINGUO インドみたいなところでは「敗ける」と,草木も生えぬ荒野に放逐されて野垂死なんてことがあるのだろうなぁ,だからきっと積極的に勝ちに行かなきゃならぬ.「敗けぬ」だけでは役には立たぬ.という思考か.と思ったりしましたな.  [in reply to YINGUO]
  • 03:09  中国の国土って縦深だから,「敗けない」を繰り返していれば活路は拓けたりするのだろうなぁ.インド亜大陸でそれをやると,三角形の南頂点に追いつめられて滅びる.ってことかなぁ.などと俗流地政学っぽく.
  • 03:32  ぐだぽよ終りなのか.まだあまり視てないからな.忘れぬようにしとこう
  • 03:35  「このキャラ買い取ってくれる温泉地募集」との由だが,修善寺温泉,だれか居ないかな QT @misoka09: お風呂で考えたキャラ。 http://t.co/lHb7vVdS
  • 12:12  @southsmall だ,だせぇえw  [in reply to southsmall]
  • 12:14  @jagst770 なんかみんなホンダ1300が出ませんかコレ (私も出たw ……回し者か.でもムルシェラルゴとフェラーリも出たなぁ私  [in reply to jagst770]
  • 12:21  @digital_editor 早やっ.まだ開店して2年ぐらいですよなぁ  [in reply to digital_editor]
  • 12:28  @zatazata 『ポスト近代麻雀』はちょっとイヤw (めんどくさそう  [in reply to zatazata]
  • 12:32  @liliput 「成人男性たる私は平日日中出歩くと他人がヘンに思っているのではないかという注察妄想に取り付かれて困っています」 かもしれない.(長い  [in reply to liliput]
  • 12:41  @hms_ulysses 英国人の書いた本で「WW2時代の配給のステーキ肉にクジラが混じってた」と憤懣遣る方無い書き方をしてたものがありましたが,それを読んで「なんと肉が配給されてたのか! 今の私よりも以下略!」と思った私もたいがい.  [in reply to hms_ulysses]
  • 13:47  @southsmall 排気量拡大してもいいけど,それは言ったら一気にダサくなる.「○×キロワットの余裕!」とか「△×Ahのゆとり!」とか言わなきゃ.  [in reply to southsmall]
  • 13:55  @southsmall 私もどうせならムルチェラーゴが筆頭に出て来たらよかったのになぁ.(「どういう破滅的な人だ」と思われる.  [in reply to southsmall]
  • 13:59  @hms_ulysses 親戚から餅は来ました.あぁウィンストン卿,まだ君のところから肉が着かぬのだが?  [in reply to hms_ulysses]
  • 14:54  @YINGUO 揶揄,反語,皮肉をも総動員して完膚なきまでに打ち負かせ,論理的整合性は二の次である. ……だそうです.龍樹がそういうやりかたで攻撃する様子も詳述されてるのですが,龍樹のような切れ者が,そういう容赦ない攻撃すると物凄いですな.ミサイルの飽和攻撃を彷彿とする.  [in reply to YINGUO]
  • 19:07  @1sugi 百済観音が「新しい服買おうかな」と思い,(すっかり日本体型化した貞観仏の)室生寺さんに「ねえ,最近流行のブランドってどこ?」と店を教わって行って試着したら,膝上丈になってしまい「これじゃベルエポックのフラッパーガールだわ」  [in reply to 1sugi]
  • 21:47  @jagst770 しかし私が「ホンダ 1300」で最初に想像するのは,CVCCのスーパーシビックなのであったw (うちにあったから  [in reply to jagst770]
  • 22:04  機能性義眼というか,視神経に映像信号を直接送り込む技術が確立したら,そのときもやはり「疲れ目」てのはあるのかねぇ.疲れるとしたらどこが疲れるんだろう. ……って眼精疲労って言うが「眼精」ってどこだ?
  • 22:12  [Kindle年内日本開店を見送り、来春以降へ延期|EBook2.0 Magazine http://t.co/fKkqQmZw ]ぬぅ.抵抗勢力頑強だのぅ.がっかりだ.
  • 22:21  @shiftwinter 網膜に弱レーザーで直接描画,という製品はありますよな.その場合,理論的には水晶体も光彩も要らぬわけで,網膜だけ機能しておればいい.網膜は既に移植もできますし,再生技術や人口網膜も実現間近らしいです.そこからすれば機能性義眼も遠い未来ではなさそうで.  [in reply to shiftwinter]
  • 22:25  若い人だったら,目ん玉に物々しい機械が着いてるのは気になるだろうが,私ぐらいの年齢になれば見栄えは二の次,「目ぇ閉じて本が読める」なんて言われたら大喜びで装着するであろう.バイク乗るとき,フルフェイスヘルメットが被れなくなりそうだけどね.
  • 22:37  まぁ,フルフェイスが被れなくとも,視界内ディジタルズーム&パン,オーバレイで速度と回転数表示などが出来ればデメリットを補って余りあるメリットが……そういう義眼って,やはり光学メーカから出るのかね.「デジカメが携帯カメラに駆逐されたから業態転換」とかなぁ.
  • 22:41  たしかヤマハも,今のようにバイクが売れなくなった後,もう少し経てば人工心臓を売るようになる筈だ.『ロボコップ』に出て来た. そこからすればオリンパスがハイテク義眼売っても全然驚かないぞ.もともとあの会社,医療分野の光学に強いし.
  • 22:47  @southsmall あ,すると,懐かしい「トプコン」のブランドマークが再びハイテク義眼に.  [in reply to southsmall]
  • 22:52  @southsmall 「キヤノンがウィリアムズのメインスポンサーになるんだってさ」「へぇ.もうカメラ造ってないのにね.何か関係あるのかな」「ドライヴァの視覚支援システムだって」(それはちょっとずるい  [in reply to southsmall]
  • 23:02  @southsmall 「ワタシ等が生きてるうち」というと,数年〜半世紀 で,ちょっと幅がありすぎるなぁ.半世紀ったら,今までの日本のモータスポーツ全史と同じくらいですからのぅ.  [in reply to southsmall]
  • 23:09  @southsmall そういう明文化されぬ「裏社訓」があって,かつ半世紀単位で持続するようだと,いまはやりのコーポレートガバナンスとやらをキビシク問われますぞw  [in reply to southsmall]
  • 23:25  なぜいまさらタイポグラフィクスが話題に? 近年やる人があまり居なかったのかな
  • 23:31  @southsmall にしても「キヤノンのF1ドライヴァ視覚支援システム」てのを考えるのは,ちょっと楽しいw 鳥瞰,後方視界,先行・後続車のヴィジュアル表示,速度による視野狭窄の補正,オーバーテイクシステムとのインテリジェントな統合化……w  [in reply to southsmall]
  • 23:36  以前「災害有事対応権限の統合デマンドシステム:Canon WCS-NAVI」てのを考えたことがあったなぁ.様々な省庁に分散している許認可権を1画面でのタッチパネル操作でリクエスト飛ばせる,というやつ.(情報化し過ぎ
  • 23:42  @southsmall "National Approval Visual Integration" なのですw  [in reply to southsmall]
Powered by twtr2src.
posted by awajiya at 23:42 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

Wed, Dec 28

  • 00:01  梅雨時の京都/奈良も強烈だったのぅ.用意してた夏ジャケットでは堪えきれず,途中のRSタイチ阪奈本店に駆け込んで,全部メッシュのジャケットを買うた.「こういう時以外に使いどころは無かろうなぁ」と思ったが,その通りだった.
  • 00:03  @luc_ruku そう.内側に結露した水で濡れてしまうので,カッパBに着替え,カッパAは新聞紙にくるんで休ませとくw  [in reply to luc_ruku]
  • 00:12  私は真冬装備にはマリンウェアを使うてたなぁ.耐水圧の点で当時のバイク用では足らなんだので.裸の上に着て冷水シャワーを浴びたり,バケツの水をかぶって試したりした.傍目には気違い染みているが,出先で酷い目に遭うよりは良い.
  • 00:15  @luc_ruku 本当は,ヨーロッパのツーリングウェアによくあるオールウェザースーツと,普通のカッパがいいのですが,あまり輸入されとらんのですよな.向こうでも充分以上に高いので,こちらに持って来ると売りにくい値段になってしまうのかも.  [in reply to luc_ruku]
  • 00:29  @waiwai_k 北国の方には釈迦に説法でしょうけれど,初冬のミゾレって,そのぐらい試してもまだ甘いでしょうw 薄く積もってくれれば幾らか暖かくなるし,もっと積もったら走れないので……  [in reply to waiwai_k]
  • 00:34  私が経験した中で,最も厳しかった(装備の点で油断した)のは,冬の郡上八幡→飛騨高山のせせらぎ街道でのミゾレと,あと旧安房峠のミゾレだった.気温だけならもっと低かったことは何回かあるが,ヤバいぐらいに厳しいと思うたのはその2回.ミゾレ怖い.
  • 00:37  ……なまじ峠に差し掛かるまではポカポカ愉快な陽気だったので,思い切り油断したのである.「あぁ,ハイキング客の遭難って,こういう状況で起きるのだな」と実感した.
  • 00:45  @waiwai_k はははw いやこちらは暖国ですから,実地で実感出来ないだけに甘く見がちで痛い目に遭うのでしてw 初冬の中部山岳地帯の高所って,濡れて重いミゾレがよくありましてねぇ.標高差が大きい所為もあるのかなぁ.  [in reply to waiwai_k]
  • 00:59  ……思えば北海道の峠って,標高差は大きくないのだよな.いま見ると三国峠が最高地点らしいが 1139m.未舗装の時代にTZRで越えたのが最後だが,下との温度差はあまり意識しなかった.好天だった所為もあるだろうけど.
  • 01:10  @kuroneko3 中部地方だと,割に標高と気温が比例するような感じがありますが,どうも北海道は場所によるところの方が大きいような気がしますなぁ.あのあたりも標高で言うと500mぐらいしかないのではないか知らん.  [in reply to kuroneko3]
  • 01:19  @waiwai_k そちらでは真夏でもハイキング客層難なんてのがありますものなぁ……w  [in reply to waiwai_k]
  • 02:15  [中村 彰彦『幕末維新史の定説を斬る』 http://t.co/nQg52ySx ]読了.興味のあった孝明天皇暗殺説の考証,かなり説得力があった.しかし,肝心要の「伊良子 光順(実際に治療に当った典薬寮医師)未公開手記」に当れなかったのは何とも惜しい.
  • 02:25  @takayamiou webでみると妙に http://t.co/4rV8AcEP と響き合っている  [in reply to takayamiou]
  • 02:31  @takayamiou 確かに猫にカメラを向けて「横を向け」と言うても,聞いてくれなさそうな感じではあり.  [in reply to takayamiou]
  • 02:54  @Werth 「どうせ衆愚政治なら,衆愚の質をもっと低めよう」というマゾヒスティックな試みですかねw  [in reply to Werth]
  • 03:03  ロリ殺し ……駄目じゃねぇか #鬼という字をロリに変えるとほんわかする
  • 03:07  @Werth 私も小学校のころは,教室の後に建築廃材で団結小屋をつくって闘争したものでした(実話).なかなか素敵な気がする. ……まぁ「圧倒的な数のボケ老人に対抗するには,稚いガキに銃を持たすに如くは無い」てのはありますなw  [in reply to Werth]
  • 03:22  @Werth 何に対して闘っていたのか,どうも主宰の私自身が思い出せないのですがw まぁとにかく団結小屋をつくり,中でフォークソングを歌い,水着ポスターを貼って劇画を読むわけですよ.もちろん強制撤去されますが,我々の闘志はそのような強権には屈しません.また作るw  [in reply to Werth]
  • 03:25  @Werth まぁ「何でもいいから年寄をやっつけろ」というなら,出来そうな気がしますよね.紅衛兵2.0  [in reply to Werth]
  • 12:34  @Tamagawa_HQ 「人の人生を大事にしたいのですよ.それがたまたま過去の人だっただけで」とでもぬけぬけと言うとけw  [in reply to Tamagawa_HQ]
  • 12:47  [ロジャー ペンローズ『皇帝の新しい心―コンピュータ・心・物理法則』 http://t.co/1kgWxWRz ]を読み始める.A5 536ページの大部なので,1月月初の読書にいいだろう.
  • 13:07  あまり暗算が早いと,例えば「349と336」は凄い差があるような錯覚を起こし易いので,暗算法の類は覚えないことにしている.ボリューム把握能力の方優先.
  • 13:11  出来れば九九も忘れてしまいたいものだが,これは平面幾何で覚えてるからだめだな
  • 13:23  イタリア人は九九が遅い人が多い気がするが,ありゃぁどうやって習ってるのかなぁ.普通に言うと 4×5=20 って,クァットロペルチンクェファーノヴェンティ.とか,めっさ音が多くてどうしょもないと思うのよな.
  • 13:48  @afunai うーむ.イタリア語と英語では心当りありませんなぁ. 電話番号とか,800-GO APPLE みたいにアルファベットで置き換えたりしてるようですが,あれだとどうでしょうな. 5×7=35 は JPDJ とか.(いやそれは  [in reply to afunai]
  • 14:32  DeLorean Simon の名前は,でろれん祭文からとった…… わけではない.
  • 14:52  @afunai 指で覚えたまま電卓を使うとめちゃくちゃにw  [in reply to afunai]
  • 14:58  見積書の作成など,スプレッドシートが出てくる前は当然ながら電卓かソロバンだったわけだが,電卓の早打ちには,タッチタイプと両手打の2流派があったよな.私は両手だった.秘書課の課員はみなタッチタイプだった気がするが,ありゃぁ商業高校か何かで習うのかね
  • 15:01  技術屋が両手打ちで事務屋がタッチタイプてのは,速度の点ではタッチタイプが速いが,技術屋は関数電卓使うからだ,と聞いた事があるが,確かではない.
  • 19:41  @haruwosumi @aliceyama 私の両手打ちは就職してからの勉強会で習いましたな.「技術屋は関数電卓〜」うんぬんは,その時に聞いたような.思えば私の高校生の頃には,小型関数電卓って存在してませんものなぁ.  [in reply to haruwosumi]
  • 20:00  @hms_ulysses 英領ならぬ「租界都市江戸」というのを構想したことがありました.英租界は神奈川から川崎,横浜山手にコロニアルスタイルの邸が建っている.仏租界は羽田から品川.米租界は浦安の辺りで,築地から見ると対岸にシカゴ様式の摩天楼が蜃気楼のように建っておるのです.  [in reply to hms_ulysses]
  • 20:04  これはつまり,公武合体は成功,尊皇攘夷は失敗,大政奉還は成功して徳川家はじめ諸侯にそれぞれ列強の後ろ盾がついてしまっているという,統一前イタリア的状態. @Tamagawa_HQ に「この設定で書け」と言うたが,彼奴は言を左右にしている.
  • 20:06  @1sugi さりとてアラビックやヘブライ語が暗算に向く音韻構成とも思えないし,うーん.  [in reply to 1sugi]
  • 20:10  @southsmall 「日本のレバーも,こういう曲げに堪えるようになったか」と感無量.昔だったら確実に折れて. ……昔は予めバーナで焼き鈍しとく,という裏技がありました.  [in reply to southsmall]
  • 20:11  @akira_isida 私の「何でもかんでも平面幾何にひらいて考える」と似てるなぁ.質量ですか.  [in reply to akira_isida]
  • 20:17  私のVespaも,レバーは「予めバーナで焼き鈍し」ついでにプラハンで叩いて曲率を手に合うように変えてあるけれど,転がしてレバーを当てたことないから,折れるかどうかはわからない…… 昔はKTMに使ってたMAGURAが「折れない,曲がる」レバーとして有名だった.
  • 20:19  KTMのレバーが「折れない」仕様なのは,例のセンタスタンドと同じくISDT対応なのだ,と聞いた事があるけれど,どうかなぁ.
  • 20:27  @hms_ulysses ロシアは,越後に不凍港を借款するも.江戸には大きな租界を持ってないかも知れません. ……A.サトウやオールコックの書いたものなど読むと,どうも英仏とも「日本みたいに市場小さい割にメンドクサイ国は,植民地化するメリット少ないな」と考えてるフシがありますよな  [in reply to hms_ulysses]
  • 20:28  @southsmall いえ,私もちょこちょこ転がしてますが,たまたま,まだVespaではレバーを当てたことが無いのです.  [in reply to southsmall]
  • 20:32  @jagst770 反りが強すぎて,ハンドルエンドよりかなり内側に入ってるからですかのぅ……w  [in reply to jagst770]
  • 20:33  @tricken お屠蘇作れぬぐらいまで減ってしまったと見たw  [in reply to tricken]
  • 20:36  あと,レバーの防折要慎というと,レバーホルダをちょっと緩めとく.ってのがあるが,これオフ車だとよくやるけど,オンロード車だと動くのを嫌ってあまりやらないね.私はやる.
  • 20:37  @jagst770 あの反りの角度,誰が決めたか知らないけど,稀に見る非人間工学的なカーブw 握れねぇよねぇ.  [in reply to jagst770]
  • 20:39  @tricken お屠蘇はそんなに沢山呑むものではないw  [in reply to tricken]
  • 20:42  オンロードでもレバーホルダをちょっと緩めて折れないように要慎するのは,ブレンボつけてたときからの習慣なのである.あれ折ると凄ぇ高いので.
  • 20:43  @tricken あぁ,それだけあれば大丈夫……でもまだ正月までには日があるなぁ  [in reply to tricken]
  • 20:52  @tricken ちなみに味醂の甘味成分は発酵由来のブドウ糖や麦芽糖,オリゴ糖だった筈で,果糖の多い蜂蜜よりはエネルギに変る速度が速いかも知れません.  [in reply to tricken]
  • 20:55  @hms_ulysses ああそうそう.大連みたいにロシア式の都市計画で,アカシアの街路樹が美しいの.  [in reply to hms_ulysses]
  • 20:59  私の生まれた伊豆網代という小さな漁村は,幕末にフランス公使ロシュが滞在していたことがある.当時は漁村でなく風待港であった.何の下心も無い観光滞在な筈はないので,歴史がずれてたらフランスが借款してたかもしれない.そしたら今ごろ拙宅界隈はリヴィエラみたいな感じになってたか知らん.
  • 21:02  @jagst770 私も手の大きさは貴殿と同等の筈だけど,やはりだめw レバーエンドで18mm近づけてますが,もう数mm寄せてもいいくらいですな.  [in reply to jagst770]
  • 21:12  @jagst770 以前タイムラインでも,女性のPXユーザで「全然届かない」「ドッグレッグに換えた方がいいかも」という話をしたことがありました.  [in reply to jagst770]
  • 21:14  @jagst770 お金が(せめて静岡時代程度は)あれば,Magniと600Dと125JXまとめて,と行きたいところだけど………www  [in reply to jagst770]
  • 21:30  @akira_isida ファンティエットというのは知りませんでしたが,いま漁港の写真見て「あるあるありだw」と笑ってました.フランスパンにムール貝の焼いたの挟んで食うてたりするかなぁ  [in reply to akira_isida]
  • 21:35  @carrion_crow 経済制裁継続中だから,フィルム「密輸」ですかねぇw  [in reply to carrion_crow]
  • 21:40  @carrion_crow 以前,中国では,消滅した筈のヤシカの銀塩コンパクトの最新型がある,とか聞いた事がありますけどねぇw  [in reply to carrion_crow]
  • 21:45  @akira_isida 魚醤は作れる人が居ないと思うけど,塩辛と山椒だけはたくさんとれますので代りにw  [in reply to akira_isida]
  • 21:48  @akira_isida あ.でもこれよく見ると,ディスクブレーキ用レバー原型より近くなってそう.  [in reply to akira_isida]
  • 21:52  なんちゃってフランスパンに,ガーリックオイルのソフリットでイワシのメザシ.てのはちょくちょくやるけどなぁ.
  • 21:53  @1sugi あぁ,まさにそういうのが欲しいのだ私はw 幅細過ぎる靴,指長過ぎる手袋,前後町が長過ぎるヘルメット.なんて日本って暮らしにくいw  [in reply to 1sugi]
  • 22:06  @akita_kia ただ,中部アフリカや,小規模なところだとアイヌなど,古来盛んに交易はしてるんだけど無文字社会,という例もたくさんあるので,必然ってわけでもなさそうですのよな.  [in reply to akita_kia]
  • 22:12  @akira_isida 日本では,塩蔵魚の味とパンの出会いにすれ違いがあるような気がしますな.これは日本のパンが,餅(ピン)の系譜上にあるのと関係があるかな,と薄ら思っておるのですが.  [in reply to akira_isida]
  • 22:19  .@akita_kia いっぽう,交易には,文字に先立って数量の概念+数の記法だけは必須だと思うので,[スタニスラス ドゥアンヌ『数覚とは何か?―心が数を創り、操る仕組み』 http://t.co/irzkTzhf ]にアタリをつけて読み待ちにしてるのですが……(まだ読んでないw
  • 22:28  @1sugi あぁ百済観音なるほどw (すぐわかる  [in reply to 1sugi]
  • 22:32  @akita_kia うん,中部アフリカを先に挙げたのは,古代帝国が成立してるのに無文字.という例で…… うん,やっぱちょっとむずかしいw  [in reply to akita_kia]
  • 22:41  @akira_isida あ,そう言えば,スモークサーモンというのも 材料は日本にありふれてるのに,近年まで普及しなかった不思議な食い物w  [in reply to akira_isida]
  • 22:43  さりとて,薫製文化を欠いてるかというと,然に非ず鰹節はあるという不思議.
  • 22:44  @akita_kia 私も永年の読み待ちでw しかもポランニーの頃と今とでは,かなり新たに判ったことが付け加わったようですしのぅ.  [in reply to akita_kia]
  • 22:48  @takayamiou 今時珍しいタイプの人材ですな.(大学生の方.  [in reply to takayamiou]
  • 22:57  @takayamiou そういうワルさの兄ちゃんって,いまどき珍しいと思いませんか.昔はけっこう居たと思うけど.  [in reply to takayamiou]
  • 23:18  @akira_isida 不思議ですよなぁ.産地の企業の重役も英国行くまで喰うた事ないってのはねぇ.いっぽうアイヌのサッチェプは甘塩での自然燻煙と乾燥で古来から存在しとりますよね.さらにカツオ生節は平城京の木簡にも記載がある.なのになぜかスモークフィッシュは生まれてない.  [in reply to akira_isida]
  • 23:21  @So_Kawai ガチョウは野禽じゃなく家禽だから,どっちにしろ肉は食われてるのでは.羽毛まで無駄なく全部使うた方が供養になるかと思いますけれど.  [in reply to So_Kawai]
  • 23:26  たしか平城京の木簡に記載のあるカツオ生節は,駿河か伊豆の産だった筈である.奈良まで担いで納税した人には同情を禁じ得ぬが,これ今の生節の製法だと傷んで駄目だと思う.干す and/or 燻煙ではなかろうか.
  • 23:27  @So_Kawai 潰す,てのは食うのではなく? そうなのか.  [in reply to So_Kawai]
  • 23:35  @So_Kawai ……じゃぁしょうがないんじゃないのかなぁ.虐待とまでは言えぬ気が.  [in reply to So_Kawai]
  • 23:45  グースダウンが虐待なら,シルクとるのに大量に殺されるカイコガはどうなのか……などとメンドクサイことを言う気は実はなくて,つまりその. http://t.co/RCWdg9C9 もふもふ.
  • 23:48  このモフモフなカイコガは,体長2,1m,280kgぐらいの大型飼育昆虫で, http://t.co/gtTWfLtz
Powered by twtr2src.
posted by awajiya at 19:33 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

Tue, Dec 27

  • 00:02  ……そう言えば,建築の設計要旨でも,意味の通った文章になってないものを見掛けることがあるが,あれはワザとなんだろうなぁ.素でそれだと仕事出来んものなぁ.
  • 00:25  @naruti06 「脱肛には気をつけろ」と.(言われてもわかるまい  [in reply to naruti06]
  • 00:34  @naruti06 今年10月ごろ,仕事中の成瀬さんの目の前の空間に2ヶ月後の本人が出現し,「脱肛に気をつけろ!」とひと言言うて消える情景を想像したのでした.  [in reply to naruti06]
  • 01:33  [「家に絵画、専門書あるか」と家庭状況調査?|読売 http://t.co/zwMV3lsj ]見出しは釣りだった.……いやしかし,こういう調査が行われるようになればタブローが売れるように.(ならねぇよ
  • 09:06  おぉ今の今までちっとも疑問に思わなかった.むしろそれはなぜ. QT yoritakahayashi: こないだ誰かが言ってたけど、防水>耐水なのに、耐火>防火なのはヤヤコしい。素人さんや学生さんで分かってる人いないもんな…
  • 09:13  以前ちょっと書いたことがあるな http://t.co/i8f2lCUh QT CCCP1917 前略)彼らはもしかして日本がちょっと前までの汚くて貧乏くさい発展途上国だったという事実を知らないのではないかということ。ずっと昔から日本が今のような国力を持っていたと思っているフシ…
  • 09:24  @yoritakahayashi いま「なぜ私は疑問に思わなかったんだろう……具体的なモノの存在かなぁ」と考えていました.防水時計>日常生活防水カメラ>耐水塗料 耐火レンガ>防火シャッター>不燃ゴミ  [in reply to yoritakahayashi]
  • 09:28  ただここに,「防炎カーテン」とか「準不燃建材」とか「準耐火建築物(これは割に近年)」などが入って来ると,到底直感的にはわからんな……
  • 09:32  @kusamao 4時間耐火w 金庫かww シャッター2枚ってのもスゲーですなぁ.両方ちゃんと動かないと意味ないだろうけど……(きっと動かないだろう  [in reply to kusamao]
  • 09:38  @kusamao 日本における道路の速度制限と似たノリですかねぇ.ヤタラに厳しい40km/h制限だけど誰も守ってない,とかそういう.(いやどっちも守らにゃいかんのだけどさ  [in reply to kusamao]
  • 09:55  それにしてもあれだよな,火への備えに関しては,規制や仕様のカオスっぷりは既に暗号の部類だよな.耐火3時間〜30分(これはまだいい),簡易耐火,省令簡易耐火,準耐火,防火,準防火,不燃,準不燃,難燃……これで終りかまだあるか.
  • 10:00  @jagst770 最近のそちらではは無料回収車は回って来ませんか.データ消去は……HDDだけ外して本体捨てて,HDDはバイクの廃部品と一緒にぶっ叩いてまとめて捨て.かなぁ.  [in reply to jagst770]
  • 10:06  考えたらHDDを捨てることって,私は割に少ないかもしれん.クラッシュしてデータサルベージ出来た奴は壊して捨ててるか.サルベージ出来なかった奴は「そのうち技術が進歩して,読める日が来るかも」と,日付だけマジックで書いて取り置いてある.
  • 10:09  @jagst770 拙宅の近所の空地には,年末になるとジプシー回収屋が来て無料引き取りやってたりします.これは便利.去年はそこでマリオ・ベリーニの電気ポットを只で拾うた. ……しかし法的にはいいのかなぁ,あれ.  [in reply to jagst770]
  • 10:12  ……しかし,「そのうち技術が進歩して,読める日が来るかも」と取り置いてある古いHDD,SCSIがけっこうあるな.もうインタフェイスがねぇな.
  • 10:13  @jagst770 それを言ってしまったら全てがだめではないですかw >メンドクサイ  [in reply to jagst770]
  • 10:24  @kuroneko3 SCSIは,多分にその気配がありますな.SCSIカードは温存してありますが……はっ.PCIバスがw ATAもそろそろ……いや流石にそれはなかなかなくならないか.  [in reply to kuroneko3]
  • 10:26  ……まぁ,「そのうち読める日も」と言うても,そう遥かな未来は射程外である.だいたい私が生きてない.
  • 10:37  @kuroneko3 さよう,物理媒体てのはそれがありますでなぁ.今秋,持っていた古いCD-ROMはおおかたディスクイメージにしてオンラインストレージに上げました.もう安全性という面ではどっちもどっちということで.  [in reply to kuroneko3]
  • 11:21  @yoritakahayashi 医者が白衣に鉢巻してたら面白いですなぁ.施術後のウガイ容器は魚偏の湯呑.  [in reply to yoritakahayashi]
  • 11:29  寿司屋と医者と言えば,知合いの寿司屋で,子供が板場に入り込んで悪戯をしておるうちに,包丁で指を切った.仕事用の包丁だから物凄く切れる.ストンと指先を切り落としてしまった.それを見たオヤジ,電光石火で指を拾い上げると素早く洗ってラップに包み,保冷容器に氷入れて冷蔵しつつ病院へ急行…
  • 11:33  泣き叫ぶ倅を脇に抱え,保冷容器を携えたオヤジ,病院に駆け込んで「急ぎで頼む!!」と大声一喝,緊急手術の末,ぶじ指はつながった.医師に処置の良さを褒められたオヤジ「そらぁもう,ウチは鮮度と衛生は気ぃつかってますんで」と.私の身近に起きた実話である.
  • 11:47  @yoritakahayashi ロハスを狙った筈のデザインが,変な方向に逸れましたかねw  [in reply to yoritakahayashi]
  • 12:16  @naruti06 率直すぎて噴いたw  [in reply to naruti06]
  • 15:00  @heniha 大豆油,かのぅ.  [in reply to heniha]
  • 15:04  @heniha 以前にみたニュースでは,米のケンタはトランス脂肪酸がアレなので,揚油を大豆油に切り替えた,とあった.日本もそれに倣ったのかもしれぬ.  [in reply to heniha]
  • 15:09  @heniha 自分で作るしかないなフライドチキンw ……大豆油ってことは白絞油だから,市販の揚物はたいがい駄目な気がする.  [in reply to heniha]
  • 15:20  @heniha 業務スーパーとか定期巡回してるからなw  [in reply to heniha]
  • 18:56  @luc_ruku 私なんか30幾年の中で2枚しかないw しかもそれは30年前にDT125で土手でコケてる写真.  [in reply to luc_ruku]
  • 19:04  たぶんこれが,私がバイクに乗ってると確認出来る写真の一番新しいものではあるまいか http://t.co/4HdtmJGH '81年.今ここには大きなショッピングセンタが建っている
  • 19:21  @waiwai_k 撮った奴が大袈裟な角度にしただけで,実はどってことないというw ……友人がこのDTを貸してくれるというので試乗検分に行ったのでした.  [in reply to waiwai_k]
  • 19:24  これ以降,私がバイクに乗ってるのを撮った写真と言うと,覆面パトが撮ったぐらいのものではあるまいか.とにかく全く残ってないのである.
  • 19:40  @ageha1980 全部マゼモノ.というのが微妙に感じさせる原因かもしれないw  [in reply to ageha1980]
  • 19:43  @afunai むかしMoMAのセレクションにあったんですけどね.スターリングシルバーで財布の微妙な曲線に合うようにうねっている.だからリフィルの芯もうねっているという凝った奴.(失くしてしまってお見せ出来ない  [in reply to afunai]
  • 19:46  @afunai リフィルは私が何本も持ってますから御安心を.(そんなこともあろうかと買った時に一緒に手に入れといた.だが本体が先に失くなった ←間抜け  [in reply to afunai]
  • 19:58  @afunai リフィルの刻印からぐぐると,これらしいですが http://t.co/ARt6ARjJ これはうねってない気がするなぁ.  [in reply to afunai]
  • 20:05  @goronto 「なぁ島,通路B-6aの突き当たりにあるチタンの点検扉みたいなのは何だ? ときどき前にドリンクとかフルーツが置いてある」「なんだ古代,知らなかったのか.あれはヤマト神社だよ.お参りしとかないと砲が当らんぞ」  [in reply to goronto]
  • 20:08  @goronto @afunai (お札は,森さんに予約しとくと酒保で名前入りドッグタグをレーザプリンタで打ち出してくれる)  [in reply to goronto]
  • 20:12  @afunai 沖田艦長はけっこうちゃんとお参りしている.軍帽を脱いだ禿頭が見られる数少ない機会.  [in reply to afunai]
  • 20:18  かつて私が勤めていた会社も,社屋を新築した時に神棚を据えた.およそそういう感じではない会社なので意外だったのだが. 支社長「神棚は,ワシの席の上がいいかな.正面だし」 私「お言葉ですが,それでは北面になります.こういうものは南面か東面するもので」「うむ.ではそうしよう」
  • 20:20  というわけで,神棚は総務課の大お局様の席の上になった.相応しい場所と言えよう. (私のこういう言動がデザイナーとしての信用を落とす
  • 20:28  @afunai どうでもいいけど晴明神社の交通安全ステッカーには赤いドーマンセーマンが描かれていてカッコいいw (そこだけ切り抜いて貼ってた  [in reply to afunai]
  • 20:37  神棚といえば,以前にやった住宅では,物凄く厳密な方位の指定があり,その指定方位から導かれるグリッドと,敷地等から導かれる計画上のグリッドが大幅にズレたことがあった.それはもうそのままズレたグリッドでやったので,知らずに見れば脱構築主義建築みたいになったが,実は神棚の所為なのだ.
  • 20:48  @YOW_ そりゃぁ「〜とは何か」で定義されりゃぁ,そこから逸脱するのが商売みたいなもんだから,無駄な問いだと思いますがw  [in reply to YOW_]
  • 21:22  @konishiroku 「AR/DRデバイスとしてのカメラ,という方向性に行くところが出るんじゃないか.それはEVFやHUD技術を持ってる光学メーカしか出来ない」と私は思ってたのですが,そういう大掛かりな開発をやる企業体力が,もうないような感じはしますなぁ.  [in reply to konishiroku]
  • 21:30  @segawa ルーズソックスはレッグウォーマーの隔世遺伝みたいな認識が私にはあります.見た目も機能も似ているし,太い足首隠しというところも.  [in reply to segawa]
  • 21:37  @afunai どうせならこういう. http://t.co/15VYxBj5 もちろんLマウントレンズ対応で.  [in reply to afunai]
  • 21:39  @konishiroku 一昨年/昨年のAR流行の折,乗り出して来るメーカがなかったことで「うむ.もう彼らには気力も体力も金力もないらしい」と推察しました.  [in reply to konishiroku]
  • 21:43  同工異曲のナニで,こういうTVチューナーのデザインは如何か. http://t.co/JAwyUxEE
  • 21:47  @goronto Google+ でやったらどうかな.  [in reply to goronto]
  • 21:49  @akira_isida あぁ,ライカ・ターレットですな(違うか  [in reply to akira_isida]
  • 22:01  @luc_ruku 先刻の写真の数秒後なんだよね.>コケてる   [in reply to luc_ruku]
  • 22:02  [VIPPERな俺 : 「は、はじめましてっ!IS04ですっ!REGZAフォンと呼んでください!」 http://t.co/BtEbqWKI ]Meたんが10年経って輪廻転生して来たかと思うた.
  • 22:04  @akira_isida ふ,複眼ぽいところ以外に似てないw  [in reply to akira_isida]
  • 22:10  @southsmall 「セレンにしちゃ集光レンズがデカいな…… えっ,CdS ?!」 ってねぇw あれはバカメカだったw  [in reply to southsmall]
  • 22:14  @southsmall なるほどねぇ.そうですか…… いやしかし,CdSの光量制御ごときにあれは,やはりバカメカでしょうw  [in reply to southsmall]
  • 22:21  @konishiroku うまくいけば「シャネルの時計」とかと似た存在に(ならねぇよ  [in reply to konishiroku]
  • 22:24  @ageha1980 私の友達は「トーゼン旧姓のカードは最低1枚は残すね! いつ元に戻るかもしれないじゃん」と言うていたw 10年ほど会ってないが戻ったかどうかは知らないw  [in reply to ageha1980]
  • 22:26  @konishiroku ブルガリのジュエリーウォッチなんてものもありますし,貴金属宝飾の方面でのカメラ,てのもありかなぁ,などと(居場所狭っ  [in reply to konishiroku]
  • 22:37  そう云やぁ,ビルマ人には姓って無いけど,ありゃぁオンラインショッピングとかカード作ったりするときにはどうしてるんだろう.
  • 22:51  私が勤めの時は,11月が「年末」で,12月初旬に大掃除をやって,あとは平常進行だったなぁ.現場から逆算すると当然そうなるのである.それが習慣になって,独立開業してからもずっと同様だ.
  • 22:55  まぁ元旦が来りゃ,333日後には師走が来るのは決まってるので,「11月が年末」と決めときゃいいだけの話ではある.
  • 22:58  @kuroneko3 11月末は祝日もあったりするので,家事も11月年末進行だと何かと都合がいいのですな.  [in reply to kuroneko3]
  • 23:00  @1sugi 老母に買うてやったことがありますな.そこそこ良いとの由.  [in reply to 1sugi]
  • 23:36  二輪でいちばん装備が大変な季節は,初夏というより雨期じゃないか知らん.梅雨明けて暑くなってしまうと夏装備だけでいいから楽だけども.ロングやって一番荷物が大きくなるのは梅雨な気がする
  • 23:52  @luc_ruku 梅雨入りの早かった年の九州へ行った時は,カッパが2着要りましたw(途中で追加して買うた) 猛烈に暑い/蒸す/降られるで何回も脱いだり着たりするので.  [in reply to luc_ruku]
Powered by twtr2src.
posted by awajiya at 13:23 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

Mon, Dec 26

  • 00:07  @So_Kawai 「畏れ多くも陛下にあられては漸く耄期に達せられ」とか言わないのかな.それじゃ現代人には意味わかんねぇか.  [in reply to So_Kawai]
  • 00:18  @So_Kawai 観てないからわからないけど,随分と庶民的な王様でw ……王家や貴族制度が滅びて久しいから.宮廷的な感覚がわからなくなってるのか知らん.そんなこともねぇのかなぁ.  [in reply to So_Kawai]
  • 00:26  @So_Kawai そういう老王のシーンなら「……朕が.耄しておる,と?」(目の前で手をヒラヒラ)「耄して……いや,それはない……」(ガクガクと頷く)みたいに演じてもらいたいものだ. (どうだ,真に迫ってるだろう.「awajiyaさん素で」とか言うなよ  [in reply to So_Kawai]
  • 00:32  あまりボケ老人の演技に熱中してると,板につき具合がシャレにならぬので読書に戻る.
  • 12:39  [MacFUSEの後継プロジェクト「OSXFUSE」| MOONGIFT http://t.co/ygaZyC3C ]MacFUSEはいつの間にか開発停滞しておったのか.ダウンロードはこっちの方がわかり易いな http://t.co/uLPtrUeb
  • 12:41  ZumoDrive は MacFUSE を使うていたと思うが,入れ替えて大丈夫かな.多分平気だろうが. ちょっとやってみるか
  • 14:48  手元機のバックアップはcronで自動実行していたのだが,曜日や都合によって多忙時間帯が違うので,時として苛立たしい思いをすることがあった.で,ふとiCalのスケジューラに「スクリプトを実行」という機能があることを思い出し,こちらでやってみることにする.
  • 14:51  iCalのスケジューラなら多忙時間帯を避けたり,曜日によって時間を簡単にずらしたり出来るので,小回りが利く.いまやってみたところ,ちゃんとバックアップ開始して正常終了したので,実用性はありそうだ.
  • 14:58  いっそiCalでcronやlaunchdがコントロール出来りゃ(自分だけは)ラクになるのになw
  • 15:08  @Tamagawa_HQ それもクトゥルフの何かか >襲い掛かる毛布  [in reply to Tamagawa_HQ]
  • 15:18  @So_Kawai いま認知障害の老王で思い出したけど,『黄金の日日』で緒形拳が演じた秀吉の晩年は良かったよ.若かった頃からの旧知の筈の主人公(呂宋助左衛門)を謁見して「そちは,誰だったかな」と言うだけなんだけど,目つきと手元の震えなどの振舞で障害が出てるのがすぐわかる演技.  [in reply to So_Kawai]
  • 15:20  実際の秀吉はどうだったのかなぁ.肖像画は老けてるけど,実年令はそれほど高齢ではないのよな.アルツハイマー発症というならわかる気もするけど.
  • 15:24  @Tamagawa_HQ 薄暗い部屋の隅に囲繞して,罪もない者を餌食にしようと待ち構えている,湿った/厭な臭いのする/毒々しい色合の/気味悪いクリーチャを想像した.  [in reply to Tamagawa_HQ]
  • 15:25  食人生物の常として,麻痺性のガスを分泌し,犠牲者の意識を失わしめて,ねっとりと補食するのだろうな毛布.
  • 18:05  @keikotobuki そのまま進化すると甲羅.  [in reply to keikotobuki]
  • 19:18  @takayamiou それ,私もよくありますが,うっかり幽体離脱して生霊が外出してるのでは.物理身体は在宅してませんか.  [in reply to takayamiou]
  • 19:27  @takayamiou こ,光学迷彩というとあの肌色全身タイツですか……  [in reply to takayamiou]
  • 19:30  そう言えば,スイッチを切った光学迷彩が肌色全身タイツであることは,映画『Ghost in the Shell』で活写されておるところだが,あれ寒くないのかね. ……あぁ,「熱」光学迷彩か.ってことは赤外線遮断か.てことはむしろ,寒いんじゃなくてめちゃ暑いのだな.
  • 19:35  @takayamiou 「て,店長! ドアの前に肌色全身タイツの女が現れました!」「いかん,変質者だ.自動ドアのスイッチを切れ.急げ!!」 ……というわけではない. まぁマジレスすると,センサ直下面と服装のコントラストが足らぬのでしょうな.ダークな服装してませんか.  [in reply to takayamiou]
  • 19:48  グレー基調の「都市型迷彩」てのはあるが,あれを着て自動ドアの前に立ったらどうか.幾らかは検知しにくくなるような気がする.ただあれは,米軍,NATO,ロシア軍それぞれ階調が異なるようである.自衛隊は使ってなかった筈だけれど,日本の都市にはどれが合うかね.
  • 19:54  建築の迷彩利用というのは……例は少ないがなくもない. 見苦しい工場施設などに使われた例があると記憶している.あぁこんな奴だ. http://t.co/ZM0gXgPL 歴史的建築物の保存の常套手段で,ファサードだけ残して後に今風のビル建てるやりかたがあるが,都市迷彩塗るとどうか.
  • 19:55  もしホントにやったら ……非難囂々だろうなw
  • 20:01  迷彩と似た効果を狙ったと思しいものに,ハーフミラーガラスのカーテンウォールで建物を丸ごと覆うやりかたもあるけれど,あれ却って目立つばかりで,ちっとも「消えて」くれないよね.表面を少しマットにしたらどうだろうか.幾らかは「消える」だろうか.
  • 20:03  @takayamiou うむ.私もおおむねミリタリコートか黒のコートなので,似た状況なのでしょうな.これは人の目にとってのプレゼンスと,センサにとってのプレゼンスが著しく違う例ですな.  [in reply to takayamiou]
  • 20:08  どちらにせよ,迷彩てのは人のスケール認知と密接に関係してるらしく,縮尺模型でやってみても実際の効果のほどはわからないのよな.これ艦船模型で迷彩塗ってみたことある人にはすぐわかると思うけど「こんなに目立つ柄がホントに迷彩になるのかなぁ」みたいな.
  • 20:15  逆に「目立とうとして色柄を沢山使い過ぎ,却って埋没してしまう例」というのもある.典型的な例はMotoGPのレーシングバイクやヘルメットなどである.狭い面積に色柄を詰め込み過ぎているので,走り出してしまうと加法混色と同じ効果が発生し,灰色の認知に近くなってしまうのだ.
  • 20:18  「レーシングバイクやヘルメットのカラーリングで,あまり細かい色柄を詰め込み過ぎると埋没する」というのは,'80s中頃までは普通に弁えられていたものだが,その後,(器用ではあるが素人臭い)アメリカ流のカラーリングが流行って以降,今に至るも廃れないのである.
  • 20:35  @southsmall あぁ,あれダズル迷彩と似た効果ですな.艦船のダズル迷彩 http://t.co/nO3yzv3u は,なにぶんにも大きいものですから,姿をくらますというより,艦型やサイズの誤認を誘うように出来てるのですね.  [in reply to southsmall]
  • 20:44  @southsmall 私が挙げた「GPマシンの加法混色近似効果」てのは,YouTubeなどで低品位のビデオ視てみるとわかりやすいですな.(つまり,誰が誰かよくわからないw) ただ,多くはスチル写真で報道されるので,ライヴや動画でのパブリシティ効果は二の次か,と.  [in reply to southsmall]
  • 20:46  @klov 私はZiplocです.取出すのにも個体容器より容易で便利.  [in reply to klov]
  • 20:55  @klov ようさんとかぶったw 私も同様に冷凍です.  [in reply to klov]
  • 21:02  @akira_isida それにしても昨今の二輪・四輪フォーミュラのビジーなカラーリングはどうにかならんもんですかのぅw あれじゃぁ視覚的にはスーパーのチラシをパタパタ振ってるのと変りませんな.ナショナルカラーの時代に戻れとまでは言わないが……  [in reply to akira_isida]
  • 21:09  @tricken 「味醂でマティーニやマンハッタン」という意味が実感出来たでしょうかw  [in reply to tricken]
  • 21:16  @tricken 味醂をストレートでちびちび.というのは,漱石『猫』で出て来ますな.(呑めたものではない)合成味醂が出回る前は,それもアリだったらしい.  [in reply to tricken]
  • 21:19  「細かい色柄を詰め込み過ぎ/埋没/器用ではあるが素人臭い/アメリカ流のカラーリング」というのは具体例を挙げると,このようなものである. http://t.co/BqLSv7Al 止め絵なら見られるが,高速で走らせた時には……
  • 21:27  @waiwai_k いや,わかんなくて当然ですw 先述の通り,理に適っておらぬから印象に残らぬのですw ありゃぁ遺憾ながらデザイナーが悪い.  [in reply to waiwai_k]
  • 21:33  @akira_isida 置物じゃない運動体なのだから,適切な色面の大きさぐらい弁えてデザインして欲しいものですよなぁ.  [in reply to akira_isida]
  • 21:42  表参道レイラインの話は,冬至の日に出たなぁ.それで私は「静岡市もアレなのだ」という話をした. http://t.co/4mYp5TWL ちなみに駿府城の真東には久能山東照宮があるが,これは街区グリッドには沿っていない.方位だけである.
  • 21:45  @akira_isida うん.セヴェールもピケも,どちらも適切な色面の面積ですよなぁ.なんでわかんないかなぁ.  [in reply to akira_isida]
  • 21:47  @waiwai_k いやまったく,小手先技ばかり競うようになってしもうて…… これも口うるさい年寄の小言かw  [in reply to waiwai_k]
  • 21:55  以前も挙げたと思うが,私が今持ってるフルフェイスはこの古代の遺物 http://t.co/UnZIRL5M だけだが,カラーリングは気に入ってるので,もし再びフルフェイスかぶることがあったら,同じ色に塗ろうかと考えているw
  • 22:12  @1sugi 先述のトロイ・リー作など,最初に見た時は「お前これは "隠れたい" という意図でもあるのか.丸っきり迷彩と同じぢゃねぇか」と呆れたもので.  [in reply to 1sugi]
  • 22:13  @southsmall うん.先日もAGVのサイト見て「やれやれ.なんとまぁ……」と溜息ついたところでして.  [in reply to southsmall]
  • 22:20  @waiwai_k あのカラーリングは今も売ってるのでしたっけか.ロードユースでも合わせ易いですしね.  [in reply to waiwai_k]
  • 22:31  @mizti きっと想定されているのは,欧にはラップ人しか住んでおらず,米にはイヌイットとパタゴニア族しか住んでいない世界に違いなし.  [in reply to mizti]
  • 22:33  @waiwai_k なぜ南海なんだろうw スペンサーのツナギは南海でしたけどねぇ.  [in reply to waiwai_k]
  • 22:34  @keikotobuki すると頭頂部の毛髪ケアには充分要慎なされた方が.そっちも進化するとまずい.  [in reply to keikotobuki]
  • 22:37  @keikotobuki やはり相互に関連があったのですな……  [in reply to keikotobuki]
  • 23:32  @takayamiou 昔の知人で,こういう文章を書く人が居ました.何を書いてもこういう感じで,それでよく大学まで出たな,と不思議に思うたものです.  [in reply to takayamiou]
  • 23:37  ディスレクシア,てのは,読む方だけじゃなく書く方がイケないのも含まれるのかね.
  • 23:47  @takayamiou あ,「歌い出して」で思い出した.先述の「よく大学まで出たな」の知人は音大出だった.専攻が何だったか知らないけれど.  [in reply to takayamiou]
  • 23:48  「SANAA人間と霞がかったパース」ふいたw
  • 23:56  @TOGO_Masanaga w−,私が言うたのはつまり,単純に(漢字|正綴)が書けない場合ではなく,「意味の通る文章が書けない」というのもディスクレシアに含まれるか,或はまた別のククリがあるのか.ということなのです.  [in reply to TOGO_Masanaga]
  • 23:59  知人は「語彙や漢字の綴字能力は普通だが,意味の通った文章が書けない」というケースだったのである.
Powered by twtr2src.
posted by awajiya at 11:22 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

Sun, Dec 25

  • 08:29  @Tamagawa_HQ ドイツは鉄道でやって来たから,迎え撃つ方も鉄道で行けるところだったのでは.アフガンあまり鉄道ない.そしてソ連,自動車あまりない.モータリゼーション抑制が裏目に出たな  [in reply to Tamagawa_HQ]
  • 08:41  @Tamagawa_HQ そう云やぁ,君の『清算』にも,「宇宙ロケットと超音速戦闘機は造れるのにマトモな自動車は造れねぇ」と嘆いてBMWに乗ってるソ連高官が出て来たなw  [in reply to Tamagawa_HQ]
  • 08:53  @akira_isida はははw ’80年にKR500が発表になったとき,この写真 http://t.co/BQZE6qt6 で,「あれ?どっかで見たような」と思うたのでした.……モノコックって,なぜか一番やりそうな'60sホンダがやらなかったですよなぁ.  [in reply to akira_isida]
  • 09:02  世には「出来た後で見ると "なんでもっと早く思い付かなかったんだろう" と思うような設計」って多々あるが,アルミツインスパーのセミモノコックフレームなぞも それだよなぁ.あんな単純な解法が落しどころだったとは,私も思ってもみなかった.
  • 09:49  @akira_isida あぁいえ,「なぜかやらなかった」てのはつまり,ホンダの市販車は極く初期からからプレスバックボーンをやってたのに.という意味で. ……NRは,却って不思議でしたな.どうしてああいう形状のモノコックにしたのか.今もイマイチわからない.  [in reply to akira_isida]
  • 09:51  @seiten_lishnii 私みたいに,「余った酒なら幾らでも引き受ける」という人材に事欠かぬのでしょうなぁ.近所だったら回収に伺いたいぐらいでw  [in reply to seiten_lishnii]
  • 09:55  構造力学的な「解き易さ」で言うたら,史実の'60sホンダGPマシンのような パイプバックボーンって,解きにくい解法だと思うのだけどなぁ.実際はどうだっんだろう.
  • 09:59  @carrion_crow いまどき,地球上のどこに居ても位置情報バレバレ,切符は殆ど非接触ディジタル情報の時代に,出張交通費清算は20世紀と変らずチマチマ手計算か,せいぜいExcelてのは,テクノロジの進歩ってのはものすげぇムラがあるもんですなw  [in reply to carrion_crow]
  • 10:01  ……自動車やバイクのログブックなんかもそうだなぁ.USBメモリ差してボタン押せばCSVで吸い上げ,なんてのは容易そのものだと思うけど,一向にそうなる兆しがないな
  • 10:07  @seiten_lishnii >一升瓶なんて晩酌数日 ……えーと私は大五郎の4Lが1週間で消えるから,うむ.確かにそんなもんなんでしょうな.  [in reply to seiten_lishnii]
  • 10:15  @carrion_crow '70sに近未来SFを書くとして,もしスマートフォンを出したら「オーバーテクノロジだ」と嘲笑されるでしょうし,出張費清算は'70sのままと書いたら「そんなわけあるか」とマニアに馬鹿にされそうです.  [in reply to carrion_crow]
  • 10:20  @sita_333 むかしアパレルブランドの "VAN" が大人気だった頃,ニッケだったか東レだったか忘れたが「VAN以外の英字3文字の組み合わせを全部商標登録」なんて噂がありましたのぅ.  [in reply to sita_333]
  • 10:29  @seiten_lishnii かつての理研の総帥・大河内正敏によると「主食穀物と主酒飲料の原料が同じなのは,食料安全保障上の脆弱性である」との由で,そこいくと焼酎文化てのは抗堪性に富む……かなぁw  [in reply to seiten_lishnii]
  • 10:33  ……でも,そうなのかも知れんなぁ.近世幕府政権が,食料安全保障を勘案して焼酎の普及に強いバックアップをしていたら.コメ一極化の弊害が緩和されたかも知れん.
  • 10:41  まぁ実際,日露戦争などの外征で酒需要が急増すると,たちまち日本酒の供給が追付かなくなり,焼酎を添加して調味した代用品が定着してしまったぐらいだからな.大河内のいいぶんは,理論でなくそういう事実を踏まえてのことだと思うが.
  • 10:45  @YOSHIMASAKATAYA 市販車では,それはある.(実際に歴代CBのフレームをみると,パッチがどんどん増えて行くのがわかる.入交もそう言っている) けど,一番の剛体で質量もあるエンヂンブロック自体がつぎつぎ更新されて行くGPマシンでは,あまりクレバーなやり方ではないよねぇ  [in reply to YOSHIMASAKATAYA]
  • 10:47  まぁ,技術ってのは,クレバーでないことが途中でわかっても,乗り掛かった船で押し渡ってしまった方がいい結果になることもある.のも事実.
  • 10:55  フレームの弱いところにパッチを当てて行く手法の不味さ,てのは,HAWKII が出た時に入交 昭一郎が言うていたことで,なぜHAWKII 程度にバランサーシャフトを使うたかというと,「(振動が増えると)フレームがパッチだらけになって重くてどうしもない」からだという.
  • 11:03  @YOSHIMASAKATAYA 確かに '60sの本邦では,構造用アルミ合金の熔接技術は多分に未確立だったのはまちがいない話で,それどころか非構造用アルミのボディ補修でさえおぼつかなかったですな.旧いアバルトのアルミボディ整形などは魔術の部類だった.  [in reply to YOSHIMASAKATAYA]
  • 11:27  “構造力学的な「解き易さ」で言うたら パイプバックボーンは解きにくい” ……のではないかという推測はつまり,建築で言うと「RCと木構造の混構造なぁ……そうしたら良さげだけど,あれ解きづらくてなぁ……」という感情を連想させずにはおかないw
  • 11:48  いや建築の場合「ちょっと揺らしてみて弱いところにパッチを当てる」という手法は使えないからね. ……やってみたら面白そうだけどなぁ(危ないよw
  • 11:56  @chaoszap そうですなぁ.せいぜい補修ですけどねぇ.実際の地震で壊れてしまったらそれまでですし,同じやつを2度やることはまずありませんしなぁ.  [in reply to chaoszap]
  • 13:03  @takayamiou ああいう大きな魚類てのは,感覚的にはケダモノの部類ではありますな.アジやサンマとは全く違う生き物と言うか.  [in reply to takayamiou]
  • 13:05  クジラやイルカ食うのが不可ないなら,マグロも駄目だろう,バラす現場を見ると殆ど同じだぞ. ……などというと「じゃマグロも駄目」と言われそうで薮蛇だから言わない.
  • 14:15  @takayamiou 「ヒトがあまりサルを食用にせぬのは,皮剥くと妙にヒトに似てるからだ(そりゃそうだろう)」 という話を聞いた事がありますがのぅ……  [in reply to takayamiou]
  • 14:25  [『小松左京---日本・未来・文学、そしてSF (文藝別冊)』|Amazon http://t.co/9t5Eop81]に目を通す.なぜ東 浩紀が解題やってるのかな.あまり当を得た人選とは思えぬ…… 他の寄稿者も,悪いというのではないが,もっと大者が書いていてもよかろうに.
  • 14:26  しかしあの人,ホントどこにでも出て来るねw
  • 14:50  [『世界の文学 現代評論集』 http://t.co/iS7V6YNz ]アンソロジ卒読 ブランショ 「批評の現況は?」 ジュネット 「文学ありのまま」 ルカーチ 「映画の美学覚書」 バルト 「声の地肌」 ホルスト 「現代文学における現実概念の還元」 エーコ 「隠喩の意味論」
  • 14:57  [少年倶楽部名作選 巻2 長編・中編小説集 http://t.co/kygnu41Q ]卒読.読んだのは, 山中 峯太郎 亜細亜の曙 平田 晋策 昭和遊撃隊 山中 峯太郎 敵中横断三百里
  • 15:25  @akira_isida 映画(監督,俳優),建築,産業界に書く人が居なかったのか,とは強く思いました.  [in reply to akira_isida]
  • 15:27  文化人類学,地球物理学,軍事学の分野でも(以下同文)
  • 18:38  @carrion_crow 年齢によるロールモデルって既に崩壊してますでな.すんなり変れませんですよ,これからはw  [in reply to carrion_crow]
  • 19:30  @carrion_crow ロールモデルの喪失は50〜80代も同様で,「隠居」が崩壊しました.よっていつまでも年寄が(役に立たぬ)手を出す口を出すのが止まらず,自らの財産も移譲せず権限も手放さぬ.けっこう病理深いですよ,これは.  [in reply to carrion_crow]
  • 19:33  @akita_kia (発表時系列は逆になるけど )本邦で2001: A Space Odyssey に比肩するのは『百億の昼と千億の夜』ではないかと思うのですが,あの物語で最後に残るのは,戦闘美少女の阿修羅王ですよな.  [in reply to akita_kia]
  • 19:46  公式訃報が出る前からWikipediaに没年月日が入っておるなぁ.なんだかなぁ.
  • 19:54  日本海海戦,海軍出身のウチのオヤジの反応は如何かと言うと,「海兵団であまりしつこく凄いスゴイと吹き込まれたので」うんざり「もう視たくねぇ」だそうである.
  • 19:57  ……オヤジの担任は対空砲なので,大口径砲での殴り合いのことを「ケッ,役立たず」と思うてるフシもあるなw
  • 20:01  これが水雷専攻だったりすると「鉄砲屋のいくさなんて知らねぇなぁ」となるのかねどうかねw
  • 20:39  @akita_kia そうですなぁ.確かあとがきで光瀬 龍本人も,世界への純粋な懐疑の形象の意味で(モデルの興福寺阿修羅像は中性ですが)あえて少女のかたちをとった,というような意味のことを書いてますなぁ.元のアスラは勇猛な魔王だから,興福寺阿修羅像の解釈も相当に大胆ですけどねぇ.  [in reply to akita_kia]
  • 20:48  @carrion_crow 将来は,やはり湿板写真でw 「乾かないうちに早く早く!」という楽しみが.  [in reply to carrion_crow]
  • 20:51  ダゲレオタイプは……ありゃぁキット売り出しても高そうだから駄目だろうな.
  • 20:54  そう言えば小学校のとき,私は小遣い節約のため,自分で現像焼付をやっていたのだが,最初に学校の図書館で参考にしようと借りた本には,現像液の処方から始まる非常に敷居の高い内容だった.戦前の入門書だったのである.すぐあとで「ミクロファイン」なるものがあると知って安堵した.
  • 21:00  @southsmall 「出来る|出来ない」で言えば,小学生の私にも出来たのだから,簡単なんですけどねw 感覚的なもんですよな.  [in reply to southsmall]
  • 21:01  @afunai 問題は,カメラは割に簡単に出来るんだけど,銀板がとんでもなく高いw  [in reply to afunai]
  • 21:03  いやしかし,あの学校の図書館にあった本,いったいいつの入門書だったんだろう.旧仮名旧漢字だったしなぁ.天秤秤で計って処方するんだぜ.
  • 21:07  @southsmall それしかないなら,たぶんやればできるw ミクロファイン溶くのも出来ぬなら,カップ味噌汁だって作れぬ理屈.  [in reply to southsmall]
  • 21:11  @afunai あぁ卵白湿板ですな.書いてありましたw やったんかなぁ戦前の人は.  [in reply to afunai]
  • 21:13  @southsmall 気にしなくってもよくないよくないw  [in reply to southsmall]
  • 21:22  [ガラス湿板原版 ? RK Photography & Web Design http://t.co/gj2Kq4di ]いい感じ.萌える.
  • 21:48  @akita_kia 割に時代は関係なく,本邦で受容される時には,おおよそ丸っこく華奢になり「カワイイ」成分が増すのは間違いないようです.興福寺阿修羅は天平時代ですが,それ以前の飛鳥仏にもハッキリとその傾向は見られます.  [in reply to akita_kia]
  • 22:08  @akita_kia この作例などは典型的で [飛鳥 岡寺 如意輪観音半跏像 7世紀末 http://t.co/UfNWbE8i ]大きさ20cmにも満たない小品なのですが,ありありとその傾向が見て取れます.殆どねんどろいどと共通の感覚がある.  [in reply to akita_kia]
  • 22:12  柳 宗理氏の訃報,昼頃から断続的に流れてるが,いまだ確たるソース見出せず.
  • 22:28  @zatazata @aiko0412 Wikipediaでの更新は今日の16時らしいので,あまり参考にはならなさそうですな.私が確認出来たのは,英語のtweetで「友人でもあり教師でもある〜歿くなった」と.仮に事実にしてもデマにしても,あやふやなところで話題にするのもどうかと.  [in reply to zatazata]
  • 22:31  @akita_kia これだけ小さいものを青銅で鋳造し,このレベルの造形が出来るってことは,すごく技術高いですな.ハニワみたいに「巧まずしてカワイイ」てのとは全然違う,故意犯ですねぇ.  [in reply to akita_kia]
  • 22:47  とまれ『百億の昼と千億の夜』が英訳されてるかどうか知らぬが,「宇宙の終焉という運命に抗して幾億年の間も闘い続ける魔王は戦闘美少女」という設定だけ話したら,英語圏の人はどういう感想を持つだろう.そしてそれが日本SF史上は初期に位置する作品だと言うたら.「お前ら初めの頃からそれか」
  • 22:49  @akita_kia その「ログ」に結んだ紐に一定間隔で結び目を作っておいて,尺の目安にします.その「結び目=ノット」  [in reply to akita_kia]
  • 23:12  @flowerclass おぉ御教示感謝.なるほど,あまり数が出る種の本ではなさそうですが,Amazonレビュー http://t.co/jaf7PD95 もありますなw もう暫く経ったら,どんな評判が集まるか 再度見てみたいもので.  [in reply to flowerclass]
  • 23:30  [中村 彰彦『幕末維新史の定説を斬る』 http://t.co/nQg52ySx ]を読む.初章は 竜馬「暗殺」 著者は実行犯は今井 信郎と.
  • 23:37  @Tamagawa_HQ ファイサル王子は,アレック・ギネスの名演も然り乍ら,写真で見る本物の方がまたいい.  [in reply to Tamagawa_HQ]
  • 23:44  今井 信郎が竜馬を斬った,という結論には特に意外性はないが,考証の過程がちょっと興味深いね.ともあれ,この本読む目的は孝明天皇病死説の疑義だから,先を急ごう.
  • 23:59  @Tamagawa_HQ 情報将校ロレンスが「アラブの運命を託すに足る人は」と尋ね歩いて,一目見て「この人以外にはいない」と言うたのも納得の高貴さである.イブン・サウドとか,兄のアブドゥラとか,ずいぶん俗っぽいカオしてるからねぇ.  [in reply to Tamagawa_HQ]
Powered by twtr2src.
posted by awajiya at 09:41 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。